新型コロナウイルスで子供を家で留守番させて、防犯上気を付けること!

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスによって学校が休校になり、お父さんお母さんは仕事に行かなければいけません。どうしても子供は家において行かなければなりません。

とても心配な事です。

そんな時、子供に防犯上気を付けることを紹介していきます。

新型コロナウイルスで家で留守番しての電話対応

家に子供だけいて電話が鳴ったときどう対応してよいのか、迷う所だと思います。

電話に出て良いのか?

電話に出て悪いのか?

さて、いったいどっちらがいいでしょう。

 

対策は色々とあるかもしれませんが、子供だけでも電話に出ることをお勧めします

なぜか?

電話に出なければ、留守と思われ留守宅を狙われてしまい、子供に危険を及ぼすからなんです。

だから、電話には出させたほうがいいかと思われます。

 

では、電話の対応の仕方はどうしたらいいでしょう?

電話を掛けてきた人は、

「家の人はいますか?」

と聞いてきます。

 

そのとき、間違っても「家の人はいません」と言ってはいけません

「お母さん、今洗濯していて手が話せれません」

「お母さん、今料理していて油使っていてでれません」

と言わせましょう。

 

すると、家の人がいるんだと思わせることができます。

スポンサーリンク

新型コロナウイルスで子供が留守番中にお客さんが来た時の対応

これも、対応の仕方に迷う所です。

お勧めなのは、「ピンポーン」となったら、玄関から外に出てはいけません。

インターホンを通して、対応しましょう。

 

「ピンポーン」と鳴って出ないのはお勧めしません。

留守と思われ、危険を及ぼすからです。

 

では、対応の仕方ですが、電話と同様に

「お母さん、今料理中で手が離せません」

と子供に言わせるようにしましょう。

新型コロナウイルスで子供が留守番中に気を付けること、窓

 

引用:https://ameblo.jp/kannna-koko/entry-11150173895.html

 

親が留守をして、子供を狙っている人は色々な所を見ています。

なので、窓の所‘には

‘‘ぬいぐるみ‘‘

を置かないようにしましょう。

 

‘‘ぬいぐるみ‘‘を窓においておけば、ここには子供がいますよと教えているようなものです。

スポンサーリンク

新型コロナウイルスで子供が留守番中に気を付けること、洗濯

何気に干している洗濯物ですが、留守宅を狙っている人は洗濯物を見ています。

洗濯物を見れば、家族構成がわかってしまうからです。

小さい子供の服、女性の服は色付きの物が多いです。

 

もし、家族に男性がいなければ、護身用に男性用の下着を1枚買ったらどうでしょう。

毎回、洗濯を干すときには、男性用の下着をさり気なく見える所に干せば護身用になります。

そんなことに、気を付けて欲しいです。

スポンサーリンク

新型コロナウイルスで子供が留守番中に気を付けることまとめ

子供には何度も、‘‘親が家に今いない‘‘ と言うことを言ってはいけないと伝えなければいけません。実際に伝えてもわからないのであれば、訓練をする必要があります。

 

家で、お父さんお母さんがシュミレーションをしましょう。

ちょっとしたことで、子供達の安全が確保することができたら、お父さんお母さんが仕事先で落ち着いて仕事ができます。

 

子供達の、安全を考えたいものです。

タイトルとURLをコピーしました