渋野日向子のコーチやキャディに注目!どんな人なの?

ゴルフ(渋野日向子)

8月1日~4日に行われたAIG全英女子オープンで、日本女子ゴルフ史上42年ぶりメジャー制覇を果たした渋野日向子選手。

その偉業を支えたコーチやキャディは一体どんな方達なのでしょうか。

特に、渋野選手のコーチは格好良く、キャディは可愛いと評判です。

これからそのコーチや、キャディがどんな人達なのか紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

渋野日向子のコーチはどんな人?

View this post on Instagram

情熱大陸泣けたわ〜。素敵な関係性^_^ #渋野日向子 #しぶのひなこ #しぶこ #スマイリングシンデレラ #青木翔 #青木翔コーチ #情熱大陸 #全英女子オープン #ゴルフ #ゴルフ女子 #ゴルフコーデ #ゴルフウェア #ゴルフウェアコーデ #ゴルフウェアレディース #ゴルフ男子 #ゴルフキャップ #ゴルフウェアメンズ #ゴルフウェアブランド #ゴルフウェアーコーデ #ゴルフウェアー #ゴルフウェアショップ #ゴルファー #プロゴルファー #女子プロゴルファー #ゴルフ大好き #ゴルフ好きな人と繋がりたい #ゴルフ好き #ゴルフファッション #ゴルフ好きと繋がりたい #ゴルフ楽しい

A post shared by FREAK (@freak_unozero) on


渋野日向子選手のコーチは青木翔さんです。
AIG全英女子オープンで渋野選手が優勝したときのイケメンキャディとして注目されました。

 

渋野選手が青木コーチとコーチ契約を結んだのは、最初のプロテストに落ちた2017年の秋のことです。
青木コーチは自らを経験を元に「一本の芯を太く」の信念で、失意の渋野選手の心に寄り添い、2年間の指導でメジャー優勝まで導きました。

 

そんな青木コーチの指導法は、教えないで教えるというユニークなものでした。
指導のモットーとして、教えすぎず、失敗をさせていくという、これまでの日本の指導法とは一線を画するものでした。
一人一人の個性を生かしたコーチングをすることができているようです。
また、基本の身体作りや、クラブの扱い方などの技術面についての指導も非常に丁寧に行われています。

 

渋野選手以外にも、他のアカデミー契約をしているプロ選手達も多いです。
岩元洋祐選手や亀代順哉選手、田辺ひかり選手、大出瑞月選手などの指導もしています。

 

2016年以降は、指導をしてきた選手たちは、大会での優勝やプロテスト合格の実績を積み重ねました。
さらに渋野選手のメジャー制覇により、青木コーチの指導力の評価は非常に高まっています。

スポンサーリンク

渋野日向子のコーチの経歴


青木翔コーチの経歴についてまとめてみました。

 

福岡県志免町出身で1983年3月28日生まれの現在36歳です。
学生時代からジュニアゴルファーとして活躍し、福岡大学卒業後プロゴルファーを目指していました。

 

しかし、プロテストに落ち続けたことで、27歳の時に自分のこれまでを振り返り、指導者への道を志したのです。
USGTF公認ティーチングプロを取得し、2011年からジュニアゴルファーやプロゴルファーの育成を開始し、2012年には「AOKI SHO GOLF ACADEMY」を設立しました。
2017年にはPINGと契約をして、ジュニアアンバサダーに就任し、優秀なジュニアゴルファーを多数育成しています。

 

これまで指導してきたプロ選手は、JGTO(日本ゴルフツアー機構)においては、岩元洋祐選手、亀代順哉選手、河合亮汰選手、福岡大河選手。
LPGA(日本女子プロゴルフ協会)においては、大出瑞月選手、田辺ひかり選手、そして渋野日向子選手になります。

 

特に、大出選手は渋野選手の1学年上の先輩で、「しぶこ」というあだ名の名付け親になります。
青木コーチも渋野選手を「しぶこ」と呼ぶなど強い信頼関係で結ばれているのです。

 

青木コーチは渋野選手のコーチという印象が強いと一般的には思われています。
しかし、普段教えているのはジュニアが中心で、今は小学生から大学生まで、十数人指導しているそうです。
また、2016年に結婚し、2歳になる長男がいます。

スポンサーリンク

渋野日向子のキャディ をしてる人 は誰

View this post on Instagram

さおりさんお誕生日おめでとうございます🎂🎂🎂 今年は本当にたくさん迷惑をかけたしたくさんいろいろな思いをさせてしまったなと思います🥺 でも最後まで一緒に闘ってくれて味方でいてくれて、軽井沢のリベンジそしてさおりさんの初優勝をエリエールで自分が一緒にすることができて本当に本当に嬉しくて幸せでした🙂 優勝決まった時の光景は一生忘れない最高の瞬間でした🙂 来年も最高の瞬間をみんなで味わえるよう、全力で頑張ります🙂 #感謝🙂 #さおりさんいないと今年何打も崩れてたよ #試合中の1番近くにいてくれる味方はキャディーさんです #いつもいつもありがとう🙂 #皆さん凸凹コンビこれからも応援よろしくお願いします🤩🤩🤩

A post shared by 渋野 日向子 Hinako Shibuno (@pinacoooon) on


渋野日向子選手は多くのキャディに支えられて偉業を達成してきました。
その中でも、エースキャディとしてあげられるのは定由早織(さだよしさおり)さんです。

 

定由早織さんは、青木翔コーチが2018年に引き合わせたのがきっかけでキャディとなりました。
2019年のシーズンのほとんどの大会で、定由さんが渋野選手のバッグを担ぎます。

 

しかし、渋野選手は、4勝目となる大王製紙エリエールレディスオープンまでの15大会の間勝てませんでした。
そのため、「キャディを変えたほうがいい」と言われたこともありました。
16試合目にして、定由さんとの初勝利を手にした瞬間、涙を流しながら喜んだ場面は、多くの人の感動を呼びました。

 

定由さん以外にも渋野選手の優勝を支えたキャディは何人もいます。

 

まず、プロ入り1年目に初優勝を果たしたときのキャディが柳田真歩さんです。
LPGAツアー公式戦の第1戦ワールド・サロンパス・カップでの優勝を支えました。

 

次に全英オープン前に、資生堂アネッサレディスオープン優勝した時にキャディを務めたのが、49歳の門田実さんです。
門田実さんは、ニッキー・キャンベル選手や西山ゆかり選手、ささきしょうこ選手と多くの選手のキャディを務めてきた実力派です。

 

なお、全英女子オープンで渋野日向子さんのキャディを務めたのは、コーチの青木翔さんです。

 

また、渋野日向子選手は2019年9月宮城の大会で女子高生のキャディと参加し話題になりました。
女子高生のキャディは、兵庫県滝川第二高校1年生の湯浅芹さんです。

 

このように様々なキャディに渋野選手は支えられてきました。

スポンサーリンク

渋野日向子のコーチ・キャディまとめ

まったく無名だった渋野日向子選手が、2019年のシーズンは賞金女王はのがしたものの、1億5261万円の2位で終えることができました。

 

そのきっかけとなったのは、2017年の秋、青木翔コーチと出会ったことです。
その頃、渋野選手は最初のプロテストに落ち、国内ツアー出場をかけた最終予選会を控えていました。

 

この時から、渋野選手のシンデレラストーリーが始まり、その躍進を二人三脚で支えたのが青木コーチです。
また、エースキャディの定由早織さんを初めとして、数多くのキャディが渋野選手の優勝を支えてきました。

 

青木コーチはシーズンの終盤に、将来の目標として5大メジャー制覇を伝え、渋野選手のレベルを上げようとしています。
その上で、自分自身も成長をはかっており、これからも二人三脚で素晴らしい成績を上げてくれることでしょう。

 

タイトルとURLをコピーしました