渋野日向子のスポンサーに注目!契約金が凄すぎる

ゴルフ(渋野日向子)

2019年の「AIG全英女子オープン」で優勝し、日本人女子選手として、42年ぶり、海外メジャー優勝を果たし、一躍注目されるようになった女子プロゴルファーの渋野日向子選手のスポンサーや、契約金について調べてみました。

渋野日向子選手にはどのようなスポンサーがいるのか、契約金は、どれくらい貰っているのか調べてみましたのでご紹介いたします。

スポンサーリンク

渋野日向子のスポンサー企業と契約金

RSK山陽放送

渋野日向子選手は、2019年2月からRSK山陽放送に所属していました。

2020年2月からはサントリーと所属契約を結びましたが、RSK山陽放送は今後もスポンサーとしてサポートしていくと発表しています。

 

サントリー

渋野日向子は、飲料メーカー大手のサントリーと所属契約を結んでいます。

渋野は2020年2月20日開幕の米ツアー・ホンダLPGAタイランドから“サントリーの渋野”で出場します。

 

サントリーは、女子プロゴルファーでは、宮里藍さんがプロ転向した直後に所属契約を結んだ企業としても知られています。

また、2017年限りで宮里藍さんは、現役引退していますが、サントリーは、「これまで同様にサポートしたい」と契約を更新しています。

 

2018年からは、サントリーオープンのアンバサダーに宮里藍さんを据え、大会名を「宮里藍サントリーレディース」と改名し、続けています。

宮里さんが求め続けた「メジャー優勝」を手にした渋野日向子選手がサントリーと契約しました。

宮里藍さんがサントリーとの契約金が、年間1億円と言われています。

渋野選手は、一体、どれくらいの契約金なのでしょうか?

全英を制した渋野選手は、同等の契約金かそれ以上の契約金と見られています。

詳細は明らかにされていないようですが、関係者の話を総合すると3年3億円超の国内ゴルフでは破格の待遇で契約が交わされたようです。

スポンサーリンク

株式会社キャンディル

建築サービス関連事業の株式会社キャンディルは、渋野日向子選手とスポンサー契約を結んでいます。

同社は渋野と契約に至った理由について「生涯スポーツとして幅広い世代に愛されるゴルフは、建物の一生涯に『修繕・改修・維持・管理』に特化したサービスで寄り添う当社のコンセプトに通じます。

 

また、当社が東証マザーズ市場へと上場した2018年7月に、渋野選手もプロテストに合格しています。

時を同じくして新たなフィールドへとステップアップした渋野選手と共に、ライフサイクルサポート企業として、さらなる飛躍を目指し成長していきたいと思います」とコメントしています。

 

気になるスポンサー契約金ですが、調べてみましたが、公表はされていませんでした。

しかし、ゴルフ選手とスポンサー企業との契約料の相場は、年間1,000万円〜3,000万円といわれています。

Tポイント・ジャパン

株式会社Tポイント・ジャパンは、渋野日向子とスポンサー契約を結んでいます。

 

ちなみに、カルチュア・コンビニエンス・クラブが展開するポイントサービスが、Tポイントでカルチュア・コンビニエンス・クラブの子会社として、株式会社Tポイント・ジャパンと株式会社Tポイントがあります。

 

株式会社Tポイント・ジャパンは、Tポイントサービスの運営を行う企業で、株式会社Tポイントは、Tポイントサービスに伴う預り金を管理する企業です。

 

株式会社Tポイント・ジャパンは、渋野と契約した理由について「Tポイント・ジャパンは、これからの未来を担う若手アスリートである渋野日向子選手のゴルフにかける熱い想いや、世界中の人々を元気にする笑顔、そして努力に対する信念に共感し、渋野日向子選手のゴルフ人生をこれからも長く将来にわたって応援させていただくことを決定いたしました」とコメントしています。

 

今回の契約に渋野選手は「今回、Tポイントさんにサポートいただくことになって、本当に嬉しく思っています。Tポイントさんは、日本全国の皆さんに愛されているブランドで、主催するゴルフトーナメントでも、ジュニア育成やジュニア支援に取り組まれているので、私も一緒に何かお手伝いできると嬉しいです。

 

私を育ててくれた地元の皆さんや、全国各地で声援を送ってくれる方々に恩返しできるように、Tポイントさんと一緒に、ゴルフを通じて日本を元気にしていきたいです!」とコメントしています。

 

こちらも、スポンサー契約金は、公表はされていませんが、年間1,000万円〜3,000万円だと思われます。

ミック工業株式会社

ミック工業株式会社は、渋野日向子とスポンサー契約を結んでいます。

ミック工業株式会社は、創業50年を迎えた空調関連製品や建築関連部材の製造を行っている会社で、渋野日向子の地元、岡山に2つの工場を持つ会社です。

 

こちらも、スポンサー契約は、公表はされていませんが、年間1,000万円〜3,000万円だと思われます。

スポンサーリンク

興和株式会社

興和株式会社は、同社が展開する外用鎮痛消炎薬「バンテリン」のブランドとして、渋野日向子に対するパフォーマンスサポートを行うことを発表しました。

 

興和株式会社は、松山英樹やタイガー・ウッズら多くのアスリートを継続サポートすることでも知られています。

また、今後は競技生活に必要なサポートを行うだけでなく、同社の広告宣伝活動に渋野が起用されることも併せて発表されました。

こちらもギャラは公開されていませんが、CMなどの場合、数千万円から数億円と言われています。

PING

渋野選手は、高校1年生からPINGのクラブを使用していました。

 

2019年シーズンからクラブ契約を結んでいます。

渋野選手は、「PINGと契約した決め手は、クラブの打感なんです。

 

フィーリングが自分にすごく合っていることで、今回の優勝という結果も出せたと思います。

また、ツアーレップのみなさんが優しく、良いプレーができるようにフィッティングをはじめ、こまめにサポートをしてくれます」とコメントしています。

BEAMS GOLF(ビームス ゴルフ)

BEAMS GOLFは若者に人気のセレクトショップ「BEAMS」が手がけるゴルフアイテムブランドです。

 

BEAMS GOLFは、渋野選手と契約金や契約年数は非公表ですが、ウエア契約を結んでいます。

契約プロには、古閑美保さん、横峯さくらなど一流選手が名を連ねています。

TITLEIST(タイトリスト)

TITLEIST(タイトリスト)は、韓国のスポーツ用品メーカーのフィラ傘下のゴルフ用品ブランドで、ゴルフボールやゴルフクラブ、ゴルフウェアの製造を手掛けています。

 

特に全米オープンでは1949年以降70年連続ボール使用率No.1を誇る会社です。

渋野日向子選手が使っているボールは、「PROV1R」というボールで、タイトリストから供給されています。

NIKE(ナイキ)

NIKE(ナイキ)は、アメリカ合衆国・オレゴン州に本社を置くスニーカーやスポーツウェアなどスポーツ関連商品を扱う世界的企業です。

そんな世界的な企業と渋野日向子選手は、シューズ契約をしています。

 

渋野日向子選手が履いているゴルフシューズ は、NIKE(ナイキ)のゴルフシューズ リアクト ヴェイパー 2 BV1322-100です。

スポンサーリンク

渋野日向子のスポンサーまとめ

渋野日向子のスポンサーと契約金について調べてきましたが、いかがでしょうか。

ご覧いただいた契約企業だけでも、RSK山陽放送、サントリー、株式会社キャンデル、Tポイント・ジャパン、ミック工業株式会社、興和株式会社、PING、BEAMS GOLF、TITLEIST、NIKEと9社ありました。

 

スポンサー契約だけでも1億〜2億円の間くらいの契約金と予想されます。

また、ゴルフの賞金も1億5千万円を超えています。

それに、必要なゴルフの道具なども超一流のものを提供されているので、ゴルフの道具にかける費用もかかりません。

 

他にもテレビ出演や、講演会などもあるかもしれませんから、年収でいうと3億円くらいはあるのではと推測できます。

20歳のプロ2年目でこの収入はすごいですよね。

スマイルシンデレラの今後の活躍も期待しながら見ていきましょう!!

タイトルとURLをコピーしました