瀬戸大也 の嫁・馬淵優佳は美人で料理が得意

スポーツ

瀬戸大也さんの嫁、馬淵優香さん。
交際2年でゴールインした美男美女アスリートカップルです。

アスリートは身体づくりが大変重要ですが、
馬淵優香さんはどのような料理で瀬戸大也さんの食生活を支えているのでしょうか。

瀬戸大也さんと馬淵優香さんとの馴れ初めや、
馬淵優香さんの料理の腕前について調べてみました!

スポンサーリンク

瀬戸大也の嫁・馬淵優佳の紹介

瀬戸大也さんのお嫁さんは馬淵優佳(まぶち ゆか)さん。

 

1995年2月5日生まれの兵庫県宝塚市出身です。
中国出身のご両親から、次女として育てられました。
甲子園学院高等学校を経て、立命館大学スポーツ健康科学部をご卒業されています。

 

馬淵優香さんは元飛込競技選手で、JSS宝塚に所属されていました。
3歳で水泳を、6歳から飛込競技を始められています。

 

馬淵優佳さんのお父様は、飛込競技選手の寺内健さんを育てた馬淵崇英さんです。
一流コーチのご指導のもと、能力を伸ばされたと想像できますね。

2009年の東アジア選手権に出場し、3メートル板飛び込みで銅メダルを獲得。
2011年には世界選手権に出場し、2012年のインターハイの板飛び込みで3連覇を果たされています。

 

そして、2017年5月24日に瀬戸大也さんと入籍を発表。
「美人嫁」「美男美女カップル」とニュースでは報道されました。

2017年11月28日、ツイッターで引退を表明されました。

「皆さんにお伝えするのが遅くなりましたが、私は8月のユニバーシアードを最後に競技を引退することにしました」と報告した。

 

さらに「今まで沢山応援をしてくださり本当にありがとうございました。第2の人生も頑張りたいと思いますので今後ともよろしくお願い致します」とコメントされています。

2人そろっての東京五輪出場も期待されていましたが、今後は妻として夫のサポートに尽くされるということですね。

 

2018年6月26日、第一子となる女児を出産されました。

インスタグラムでは仲睦まじい姿を拝見することができます。

スポンサーリンク

瀬戸大也の嫁・馬淵優佳の料理の腕前

瀬戸大也さんが、今も口にする言葉があります。

「結婚していなかったら、俺の成績は絶対に落ちていた」と。

アスリートは身体づくりが第一。

そのための栄養管理は欠かせません。

 

瀬戸大也さんは2016年から、味の素株式会社所属の栗原秀文さんにレースで勝つための栄養管理をまかされ、大きく成績を伸ばされました。

 

消費エネルギーに応じてグラム単位で栄養素の摂取に努め、食べるタイミングも分刻みで考えているそうです。

 

結婚した2017年からはお嫁さんの馬淵優香さんにも調理のアドバイスを開始され、
「食べ手と作り手」が続けられる献立をご指導されています。

プロの食事指導と嫁の愛がたっぷりつまった食事でパワーも倍増ですね。

馬淵優香さんは当初はサンマをこがして煙だらけになるなど料理はほとんどできなかったそうですが、

ご結婚後、料理の勉強をしてアスリートフードマイスターの資格を取得。
今では馬淵優佳さんの料理をほおばって「おいしい!」と笑顔の瀬戸大也さん。

 

馬淵優香さんの食事への配慮は細やかなものです。

試合前は、エネルギーをためる時期なので主食を増やし、おかずを減らしたり、トレーニング期は、疲労で量をあまり食べられないので、タンパク質を増やすそうです。

 

「主人は放っておけば、牛丼、ラーメンに走るんです(笑)。

ふだんの食卓では、主食の炭水化物、主菜、副菜、果物、乳製品を出して、脂質を抑えています」

馬淵優佳さんはここぞというときにオムライスを作られるそうです。
具はたまねぎのみでとろけるチーズをのせるとのこと。
とてもおいしそうですね!

 

ちなみに瀬戸大也さんの好物は、水餃子と春巻き、手羽先、ハンバーグだそうです。
「一時期ハンバーグに豆腐を入れていたんですが、『やめて!』と言われました(笑)」

中国出身のお嫁さんだから、中華料理もお上手なのかな?と推察しました。

「主人の笑顔が見たいので、金メダルを取ってもらいたい。

食事はもちろん、精神的なサポートもしていきたい」と、二人三脚で東京五輪金メダルを目指されます。

スポンサーリンク

瀬戸大也の嫁・馬淵優佳との馴れ初め

美男美女カップルといわれる瀬戸大也さんと馬淵優香さん。

2人はどんな馴れ初めで、お付き合いを始められたのでしょうか。

 

2人は同じスイミングクラブで大会などで会うことも多く、恋心が芽生えた瀬戸大也さんからのアプローチで交際に至ったようです。

あんな美人のアスリートが身近にいたら、思わず恋してしまいますね・・・!

 

そして2014年11月22日から交際を始め、交際開始2年目、2016年11月の交際記念日に「結婚してください」と、瀬戸大也さんからプロポーズがあったといいます。

当時瀬戸大也さんは東京の早稲田大学、馬淵優佳さんは京都の立命館大学在学で、遠距離恋愛でした。

特に馬淵優香さんはお父様がコーチということもあり、瀬戸さんへ会いに行くには知っておいてもらったほうがよいと、早めにお互いの両親に紹介されたそうです。

家族でアスリート生活を支えている場合が多いでしょうから、プライベートなことも早めに相談したほうが家族の方も安心ですね。

 

お父様に今後のことや悩み事も相談するようになったら、瀬戸大也さんに会うために練習時間を調整してくれたこともあるそうです。

 

遠距離恋愛だからこそ、家族の協力を早めに得られて結婚までスピーディに進んだともいえますね。

1122(いい夫婦)の日が交際開始という点でも、2人にとって将来を見据えた真剣な交際だったということが想像できます。

素敵なアスリートカップルですね。

スポンサーリンク

瀬戸大也の嫁・馬淵優佳まとめ

コーチを父に持つ、元飛込競技選手の馬淵優香さん。

2017年、瀬戸大也さんとの結婚を機に引退されました。

 

2009年の東アジア選手権で銅メダル、

2012年のインターハイの板飛び込みで3連覇を果たされた素晴らしい選手です。

 

現在は一児の母として、瀬戸大也さんのお嫁さんとして食事に腕をふるわれています。

ご結婚後にアスリートフードマイスターの資格を取得。

 

また、瀬戸大也さんのサポートである味の素株式会社の調理指導のもと、細やかな配慮で食生活を支えられています。

なにより愛情たっぷりの馬淵優香さんの料理は、瀬戸大也さんの大きなパワーになっていることでしょう。

「主人の笑顔が見たいので、金メダルを取ってもらいたい。食事はもちろん、精神的なサポートもしていきたい」

という馬淵優香さん。

育児の愚痴も言われないとか・・・!妻の鑑です(真似できません!)!

 

東京五輪金メダル、期待せずにはいられませんね・・・!
心から応援したいと思います。

タイトルとURLをコピーしました