麒麟 がくる徳川家康役、風間俊介の紹介!

ドラマ

大河ドラマ【麒麟がくる】のキャストが続々と発表されています。

中でも天下統一をおさめた武将である徳川家康役を務める、俳優でありタレントの風間俊介さんが話題の人物となっていますね。

 

この記事では、徳川家康役を演じる風間俊介さんについて解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

麒麟 がくる徳川家康(とくがわ・いえやす)とは?

徳川家康といえば、戦国の世を終わりに近づけ天下統一したことで有名ですよね。

 

まずは

・徳川家康は何をした人物か?

・どうして天下を取れたのか?

この2点について解説していきたいと思います。

 

【徳川家康は何をした人物か?】

 

 

徳川家康は江戸幕府で一番最初に将軍になったといわれています。

徳川家康は、織田信長と同盟を結ぶことによってグングン出世していきました。

 

本能寺の変で織田信長が亡くなったあとは、当時ライバルともいえる豊臣秀吉に仕え、従っていましたが五大老の筆頭として大きな権力をにぎります。

 

その後、豊臣秀吉が亡くなった後は関ケ原の戦いで勝利をおさめ、1603年に江戸に幕府を開きました。

 

【徳川家康は、どうして天下を取れたのか?】

 

徳川家康が天下を取れた理由はいくつかあると思いますが、大きな理由は徳川家康の家臣だと思います。

 

徳川家康の家臣といえば、本田忠勝や井伊直政が有名ですよね。

特に本多忠勝は三河武士のシンボルともいわれ、徳川家康の天下統一には欠かせないくらい忠義を尽くした武将といわれています。

 

 

もう一人の家臣である井伊直政はとても波乱万丈な人生を送っていたようです。

 

View this post on Instagram

井伊直政 彦根駅前にどっしりとした銅像がある。 徳川四天王のひとり。 大河ドラマ、おんな城主直虎では菅田将暉が熱演したので知ってる人も多いかも。 井伊家は、近江国を治めることになり、三成の佐和山城に入城。 直政は関ヶ原の戦いの怪我が元で亡くなってしまった。 が、その後は井伊家が近くの彦根城で近江国を治めていく。 地元は井伊家、石田三成ともに思いが強いのが行ってわかった。 彦根駅前のセブンイレブンをバックに直政を撮ってみた。 次は行けなかった佐和山城跡で行ってみたい。 #井伊直政 #彦根駅 #彦根城 #石田三成 #佐和山城 #おんな城主直虎 #菅田将暉

A post shared by shinomasa (@shinoshino_s15) on

 

井伊直政に初めて会った時、徳川家康は

「一目でその大器を感じた」と言ったという説があります。

 

また、徳川家康は並大抵じゃない忍耐力の持ち主といわれていました。

 

きっと信長や秀吉のいなくなった後もたくさんの苦悩を抱えながらも耐え続けたのでしょう。

スポンサーリンク

麒麟 がくる風間俊介の紹介

次は、ドラマ【麒麟がくる】で徳川家康役を演じる風間俊介さんについて紹介していきたいと思います。

 

ドラマ【麒麟がくる】で徳川家康役を演じる風間俊介さんは、朝のニュース番組のZIP!でお馴染みですよね。

 

風間俊介さんはジャニーズジュニアでもあり、ここ数年ではテレビドラマでもよく見かけます。

 

ジャニーズジュニアといっても風間俊介さんは歌ったり踊ったりということはなく、主に俳優としてテレビで見かけることが多いです。

 

おそらく、生田斗真さんのように、ジャニーズの俳優ポジションとして活躍しているんですね。

特に最近までは【チート】というドラマの重要人物として出演していたので知っている方も多いのではないでしょうか?

 

また、風間俊介さんは大のディズニーファンとしても有名ですね。

 

以前、テレビで「ディズニーに行くのは遊園地としてではなくカフェという感覚で行くこともある。」といっているほどディズニーリゾートには頻繁に行っているようです。

 

ドラマ【麒麟がくる】では、徳川家康役という重要な大役を務める風間俊介さんですがSNSの反応は次のようになりました。

 

「麒麟がくる。徳川家康役は風間俊介。他のしみ。」

 

「風間俊介が徳川家康役って、かなり期待してる」

 

「家康役は風間俊介か。だいぶ若いな。」

などなど、注目している方も多いみたいですね。

 

スポンサーリンク

麒麟 がくる風間俊介の出演作は?

ドラマ【麒麟がくる】では徳川家康役を務めている風間俊介さんですが、一番最初に出演した作品は1998年の【眠れる森】でした。

 

その後、1999年に【三年B組金八先生】の第5シリーズでは、優等生でありながら裏では問題を起こしてばかりの生徒の役を演じ、世間でも注目を浴びました。

 

また、映画【鈴木先生】では、麒麟がくるで明智光秀役を演じる長谷川博己さんと共演しています。

 

また、風間俊介さんは、俳優だけでなく声優としても出演していたようです。

 

「10thアニバーサリー 劇場版 游☆戯☆王 超融合」

 

ジブリアニメ「コクリコ坂から」などに出演していました。

 

そして昨年2019年には、自身では初の月9ドラマ「監察医 朝顔」では、主人公朝顔の恋人である「桑原真也」の役を務めていました。

 

俳優や声優として、また、タレントや司会者としてマルチに活躍していたんですね。

 

 

個人的なイメージですが、風間俊介さんはふざけた役や、はっちゃけた役というよりは、インテリ系や裏で手を引く黒幕の役が多いようなイメージがあります。

 

特に「サバイバル・ウエディング」では、婚約者を振って他の人と付き合っているのにも関わらず、元カノに未練タラタラなダメ男を演じきっていました。

 

ドラマ【麒麟がくる】では天下を統一した徳川家康役を演じる事になった風間俊介。

 

どんな活躍なのか楽しみですね。

スポンサーリンク

麒麟 がくる徳川家康役、風間俊介の紹介!

風間俊介さんは【麒麟がくる】で徳川家康役を演じることについて「震えている」と発言していました。

 

徳川家康役を務めるというのは風間俊介さんにとってとても難しい役でもあるし、すごくワクワクする役なんだと思います。

 

徳川家康役を演じるにあたって風間俊介さんは次のように述べていました。

 

「家康は、ある作品では温厚。

ある作品では残虐な男としてとらえられている。

今でも多面的に捉えられている人物なので、今回どのように描かれているか、どのように演じるか、今から楽しみです。」

と述べていました。

 

確かに徳川家康という人物を映画などでみていると、「信長協奏曲」ではヘタレで女好きな優しい武将。

一方で「GOEMON」では、天下統一を目指し、どっしりと構えた貫禄のある武将。

 

さまざまな時代劇で徳川家康は存在していますが、作品によって人物像が全く違いますよね。

 

ドラマ【麒麟がくる】で風間俊介さんは徳川家康役をどう演じきるのか楽しみですね。

 

タイトルとURLをコピーしました