麒麟 がくる織田信長役、染谷将太の紹介!

ドラマ

2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」で、主人公の天敵「織田信長」役を演じている俳優の染谷将太さん!

子役として活動を始めたことでも有名な染谷さんは、大人になった今でも俳優として大活躍しております。

俳優だけでなく、声優やナビゲーターとしても活動の場を広めている染谷将太さんの魅力をご紹介します!

スポンサーリンク

麒麟 がくる織田信長(おだ のぶなが)とは?

織田信長は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将、また戦国大名でもあり、天下人でもあります。

生誕は、天文3年5月12日(1534年6月23日)、あるいは天文天文3年5月28日となっています。

死没は、天正10年6月2日(1582年6月21日)です。

 

 

1534年、尾張(現在の愛知県)にて織田信長は織田弾正忠家の当主織田信秀の子として誕生しました。

「信長公記」(戦国時代から安土桃山時代にかけての史料)によれば、幼少時代の信長は奇行で知られ、そこから「大うつけ」と呼ばれていたそうです。

異様な見た目の服装で街を歩き、栗や柿、瓜を食べながら歩いていたと言われています。

 

更には、父の葬儀でお線香を投げるという非常識な行為をしたことでも有名になっています。

そんな織田信長ですが、天文21年(1552年)に織田弾正忠家の家督を継ぎ、永禄2年(1559年)に26歳という若さで尾張国を統一したという伝説があります。

しかし、室町幕府を滅亡した頃に家臣の明智光秀の陰謀により、織田信長は49年の生涯に幕を下ろしました。(本能寺の変)

 

織田信長は、幼少時代から「大うつけ者」と言われるほどの変わり者だと伝えられてきましたが、常

識に囚われない「織田信長」らしい生き方をしたと言っても過言ではないでしょう。

だからこそ、日本の歴史に「織田信長」という新しい歴史を作り、今でも尊敬される人物として愛されているのではないでしょうか。

麒麟 がくる染谷将太の紹介

View this post on Instagram

#染谷将太

A post shared by 染谷将太 (@sometani93) on

 

染谷将太は、1992年9月3日生まれの日本の俳優です。

トイズファクトリー所属であり、2001年から活動しています。

7歳の時に子役として活動を始めたため、子役時代からの俳優として知られています。

 

彼が俳優として活動を始めたきっかけは、
「もともと父親の影響もあって映画が好きだった。」

と語っています。

 

染谷将太は、どの作品においても、染谷将太の迫力満点の演技をしており、染谷将太の演技力で様々な賞を受賞しています。

海外でも活躍しており、2016年に中国の名監督、チェン・カイコー監督の作品、
「空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎」
の主演に抜擢され、中国語を習得し作品に臨みました。

 

染谷将太は、映画を制作することが好きで、高校時代から自主映画制作を行っています。

主な作品は、
・「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」のスピンオフムービー、
「episode.0.38あの子とパーマ」
・「シミラー バッド ディファレント」(瀬田なつき監督との共同作品)
です。

「シミラー バッド ディファレント」を制作した時染谷将太は、
「映画監督に転身するつもりは一切ないが、こういった作品作りは続けていきたい」
と語っています。

現在染谷将太は27歳ですが、その若さで数々の作品の人物を演じ、数々の賞を受賞しているので、彼の実力は計り知れず人気を保っているのでしょう。

「麒麟がくる」ではどのような演出を見せてくれるのか、期待が膨らみます!

麒麟 がくる染谷将太の出演作は?

View this post on Instagram

#染谷将太

A post shared by 染谷将太 (@sometani93) on

 

染谷将太の出演作は、

「パンドラの匣」(2009年10月10日)
「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」(2011年1月22日)
「ヒミズ」(2012年1月14日)
「ALWAYS 三丁目の夕日’64」(2012年1月21日)
「寄生獣」(2014年11月29日)
「寄生獣〜完結編〜」(2015年4月25日)
「さよなら歌舞伎町」(2015年1月24日)
「空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎」(2018年2月24日)
「最初の晩餐」(2019年11月1日)

となっています。

 

染谷将太が初主演をしたのは2009年に公開された「パンドラの匣」です。

17歳という若さで主演を務めました。

 

その後も数々の映画の主演を務めています。

さらにアニメ映画では、
「バケモノの子」
で主人公、九太の青年期の声優をしており、アニメ映画でも主演を務めるなどして、活動の場を広げています。

 

テレビドラマでは、今年の大河ドラマ
「麒麟がくる」
の他にも、
「龍馬伝」(2010年)
「江〜姫たちの戦国〜」(2011年)
にも出演しています。

 

ドラマだけでなく、海外での映画やアニメ映画までジャンルを広め、活動の場を広めている染谷将太は、オールマイティな俳優と言っても過言ではないでしょう。

麒麟 がくる織田信長役、染谷将太まとめ

子役としてデビューし、子役デビューから役20年経った今でも様々な作品に出て染谷将太ならではのパフォーマンスでたくさんの人を楽しませてくれる染谷将太は、日本の宝とも言えるでしょう。

映画だけに限らず、映画制作などにも携わっているので、真の映画好きなのかもしれません。

 

上記では「映画監督になる予定はない」と言っていますが、今後またどのような映画を制作し、人々を魅了してくれるのか、期待が膨らみます。

 

今回の「麒麟がくる」では上記で伝えたように「織田信長」役を演じています。

「尾張の若きうつけ者」というキャッチコピーになっていますが、果たしてどんな「尾張の若きうつけ者」を演じてくれるのか楽しみですね。

 

「麒麟がくる」では染谷将太の演技に注目しながら、ドラマを楽しんで下さい!

「麒麟がくる」で織田信長役の染谷将太の紹介と織田信長の紹介をしましたが、織田信長と染谷将太に関して知りたい方は、ぜひこの記事を読んで下さい。

タイトルとURLをコピーしました