麒麟 がくる望月東庵訳、堺正章の紹介!

麒麟 がくる望月東庵訳、堺正章の紹介! ドラマ

2020年ついに始まったNHK大河ドラマ「麒麟が来る」。
「麒麟が来る」の舞台となるのは、数多くの英傑たちが活躍した人気の高い戦国時代です。

 

そんな戦国時代に生きた謎の多い明智光秀の生涯を描いた本作品は、初回から高視聴率を獲得するなど今大注目の大河ドラマです!

 

この記事では「麒麟が来る」物語において登場する望月東庵とそれを演じる堺正章さんについて紹介します。

 

これから「麒麟が来る」を見始める方も、「麒麟が来る」をより理解したいという方も是非参考にしてください!

スポンサーリンク

麒麟 がくる望月東庵(もちづき・とうあん) とは?

望月東庵(もちづき・とうあん)は「麒麟が来る」に登場する架空の人物です。
物語では戦国大名や朝廷に多くのパイプを持つ謎めいた京の医者で、明智光秀を生涯導く存在として設定されたようです。
「麒麟が来る」は主人公である明智光秀が西のほうへ旅を始めることから始まります。

 

明智光秀が堺をはじめとして関西を回る中、京の都で双六好きでヤブ医者なのか名医なのかとくわからない望月東庵と出会います。
その後、明智光秀は、望月東庵と行動を共にすることが多くなるようですね!

 

架空の人物である以上、これから望月東庵が物語でどのように活躍するのか、まだわかりません。
なんとも謎めいた人物で、今後の展開が気になりますよね!

 

今現在、望月東庵についての説明だけを聞くと、望月東庵は謎めいた京の医者というだけで、あまり重要な人物ではないような気がしますよね。
しかし大河ドラマにおいてあえて架空の人物を設けるということは望月東庵は「麒麟が来る」に登場する必要があるということです。

 

今後、明智光秀にとっても重要な人物になるということでしょう。

 

特に気になるのは望月東庵が医者という設定であることです。
戦国時代は、その名の通り戦争が多く、多くの下克上が生まれ、英傑たちが活躍した反面、日本史上多くの死者がでた時代でもあります。

 

そんな戦国時代は人間の命が最も軽かった時代とも言えます。
そして望月東庵は京の医者です。

 

日本中心である京の名医である望月東庵はだけでなく戦国大名をも診察しなければなりません。
また戦争で命を落とすのは多くが一般人です。

 

もちろん戦国大名と一般人には身分の差があります。
しかし命は皆平等です。

 

望月東庵はそんな<strong>戦国時代の身分や、医師としての苦しみの中心にいる人物であるといえるのではないでしょうか?

 

望月東庵の存在には何か重要なメッセージが込められているはずです!
是非「麒麟が来る」を観てその活躍を見守りましょう。

麒麟 がくる堺正章の紹介

堺正章さんは1946年6月6日に喜劇俳優である父、堺駿二さんの次男として東京都世田谷区で生まれました。
そんな堺正章さんの実家は敷地4000坪の鎌倉の豪邸でローラースケート場まで完備されていたようです。

 

生い立ちから、余裕があり、芸能に親しみやすい環境で育ったんですね!

 

父、堺駿二さんの影響もあり、堺正章さんは5歳の時、駿二さんに撮影所へ連れていかれることが多かったようです。
そのことがきっかけとなり、子役として映画にデビューが決まります。

 

小中学生の頃は子役として活動していた堺正章さん。

 

そんな堺正章さんも16歳の多感な時期になると音楽がやりたいと思い立ち、当時人気だった現在、人気芸能事務所の田辺エージェンシーの社長である田辺昭知がリーダーの音楽バンド、ザ・スパイダースにボーカルとして加入します。

 

堺正章さんはザ・スパイダーツでも数々のヒット曲をリリースしました。
当時はまだ高校生です!
高校生がボーカルのバンドが数々のヒット曲を出していたのは今考えるとかなりすごいことですよね。

 

人気のバンドであったザ・スパイダーズは1970年に解散してしまいます。

 

解散をきっかけに堺正章さんはソロ歌手として活動しつつ、俳優やコメディアン、バラエティ番組の司会としても活動するなど、活躍の場を広げていきます。

 

現在でもその活躍はとどまることなく、様々な分野で活躍しているのは本当に素晴らしいですし、ものすごい体力ですよね。
幼少期の頃から芸能界で活躍し、常に時代の中心にいて様々な経験をしてきた堺正章さん。

 

では堺正章さんの俳優としての出演作にはどのようなものがあるのでしょうか?

麒麟 がくる堺正章の出演作は?


日本芸能界で長く活躍し、様々な分野で未だ衰えを知らない多くの堺正章さん。
もちろん俳優としての出演作品ドラマや映画など多数あります。

 

映画たドラマ、音楽まで、その作品をすべて紹介しきるとなると本が一冊かけてしまうでしょう。
そんな膨大な堺正章さんの作品の中でも、今回は俳優として出演し話題となった作品を紹介します!

 

まず一つ目は、2012年に公開された劇場版任侠ヘルパーにおいて特別出演を果たし、物語の強盗役を務めた蔦井雄三役です。
任侠という世界を描いた任侠ヘルパーですが、映画の中でも堺さんは複雑な人生を送ってきた囚人である蔦井雄三を見事に演じていました。

 

そして二つ目は1978年から二年間、日本テレビ系列で放送された「西遊記」の孫悟空役です。
西遊記のドラマと聞くと、若い人は2000年代に香取慎吾さんが主演したドラマをイメージするのではないでしょうか?

 

実は1970年代にも西遊記はドラマ化されていたんですね!
西遊記という誰もが知る人気作品に加え、堺正章さんをはじめとした当時のスターを起用した当時の西遊記は非常に人気があったようです。

 

歌手としても成功し、喜劇でも多くの作品を世に残し、さらには司会業も行う中、俳優としても実績を残す堺正章さんは、まさにレジェンド芸能人、生きる伝説と呼ぶべき人だと言えます。

麒麟 がくる望月東庵役、堺正章まとめ

「麒麟が来る」で何か重要な役になりそうな予感がする望月東庵
これまで芸能界でもトップクラスの評価と実績がある芸能界の生きる伝説である堺正章さん

 

そんな堺正章さんが、望月東庵を演じるとなると注目せざるをえません!

 

「麒麟が来る」であえて設けられた架空の人物である望月東庵を演じるには豊かな想像力経験が必要です。
そのような意味で、堺正章さんはまさに最適の配役といえるでしょう。

 

そして堺正章さんの実力をもってすれば必ず期待を裏切らない演技を見せてくれると思います!
是非「麒麟が来る」を観て、望月東庵の活躍と堺正章さんの演技を堪能しましょう!

タイトルとURLをコピーしました