麒麟 がくる熙子訳、木村文乃の紹介!

ドラマ

今話題のNHK大河ドラマ「麒麟が来る」。

そんな乱世、動乱の時代の物語の中でひときわ、その美しさが目立つ主人公、明智光秀の正室である熙子

 

この記事ではそんな熙子と役を演じる美人女優、木村文乃さんをご紹介します!

熙子とはいったいどんな人物なのでしょうか?
そして明智光秀との関係や演者である木村文乃さんについても気になりますよね!

 

是非参考にしてください!

スポンサーリンク

麒麟 がくる熙子(ひろこ)とは?

2020年という新たな時代の到来を予感するような大河ドラマ「麒麟が来る」。

「麒麟が来る」では本能寺の変で主君である信長に謀反を起こしたことで有名な明智光秀の物語です。

 

ここで紹介する熙子(ひろこ)とは安土桃山時代から戦国時代にかけて、明智光秀の正室、つまりは妻となった女性です。
では熙子とはどのような人物なのでしょうか?

 

本作品での熙子のキャッチコピーは「可憐(かれん)な光秀の正室」です。
そのキャチコピーの通り熙子は大変美しい人物だったとされています。

 

例えばこんなエピソードがあります。

ある日、熙子は病にかかってしまい美しい顔に疱瘡の跡が残ってしまいました。
顔に傷のある妻を差し出すことはできないと思い、熙子の父は熙子の妹を明智光秀へ嫁に出すことにしたところ、明智光秀は「私の妻は熙子どのと決めています」と断ったようです。

 

明智光秀にそこまで言わせるとは熙子は美しいだけでなく、その人間性魅力も素晴らしいものであったということでしょう。

このエピソードだけでも熙子がどんな人間か想像できてきましたね。

 

また「麒麟が来る」では「熙子」と表記されているものの、熙子は他にも「お槙」や「伏屋姫」と呼ばれることもあります。
また熙子の出自や詳しい人物像などは未だ不明な点も多いようです。

 

しかし、夫である明智光秀と非常に仲が良かったこと、熙子が大変美しい女性でなおかつその人間性も秀でており、戦乱の世の中で疲弊する光秀の心の支えであり続けた素晴らしい女性であることは間違いないでしょう。

麒麟 がくる木村文乃の紹介

「可憐(かれん)な光秀の正室」である熙子を演じるのは、こちらも戦乱の日本芸能界の中でひときわ美しい女優、木村文乃さんです。

 

木村文乃さんは東京都出身の1987年10月19日 生まれで、今年で33歳になります。
とても30代には見えない美しさですよね!

 

2004年に映画「アダン」のヒロインオーディションに応募したところ、応募者全3,074人の中からヒロインに選ばれたことがきっかけで2006年に映画「アダン」で芸能界にデビューしました。

 

その後も一度、アトピー性皮膚炎により女優業をお休みされていたこともありましたが、再度芸能界に復帰し、現在では日本のトップ女優の一人になりました。

 

木村文乃さんはおとなしい、謙虚な女性という役柄を演じることが多いようですが、実際の木村文乃さんはかなり<strong>さばさばした女性で明るく饒舌な方のようです。

 

特に気になるのは木村文乃さんの趣味の多さです!
映画鑑賞、写真、散歩、乗馬、スキー、剣道(初段)、水泳、鉄道などとても幅広い趣味があるようです。

 

なかなかここまで自分の興味の幅が広い人も珍しいのではないでしょうか?
自分の興味のあることにどんどんチャレンジするような活発的な女性なのかもしれませんね!

 

美しくどこか儚げだけれども、芯の強さもある木村文乃さんは熙子にピッタリの配役と言えるでしょう。

麒麟 がくる木村文乃の出演作は?

では日本を代表する受有の一人である木村文乃さんの出演作品についてご紹介します。
先ほどもいったように木村文乃さんのデビュー作品は2006年に公開された映画「アダン」です。

また同年の2006年5月に公開の映画『風のダドゥ』では浅野歩美を演じ、映画初主演を果たします!

 

たった一年でデビュー間もない女優が、主役級の映画を2本公開することはなかなか珍しいです。
まさに下克上ともいえる勢いが素晴らしいですね。

 

一度、木村文乃さんも熙子と同じく皮膚の病が悪化し、お仕事を一時的に休みます。
しかしその後も芸能界に復帰を果たし、2011年4月にはちふれ化粧品のCMに出演します。

 

この時の木村文乃さんの透明感が大きな注目を浴び、翌年の2012年にはNHK連続テレビ小説「梅ちゃん先生」をはじめとした多くのドラマに出演するなど、瞬く間に日本トップクラスの女優へと昇り詰めました。

 

私が木村文乃さんの出演作品で特にお勧めしたいものは2015年に公開されました「イニシエーション・ラブ」です。

劇中で木村さんは主人公鈴木の同僚である石丸美弥子を演じています。
ストーリーの衝撃度もさることながら、木村文乃さん演じる石丸美弥子の美しさ</strong>に驚かれると思います。

 

是非興味のある方はチェックしてみてください。

麒麟 がくる熙子役、木村文乃まとめ

 

少なからず熙子の人生や人柄と木村文乃さんの人生や人柄が似ているところをみると、何か運命のようなものを感じます。

 

熙子には他にも数多くの逸話が残っていますが、今回、「麒麟が来る」では新しい熙子像を表現する予定だそうです。

 

しかし「可憐(かれん)な光秀の正室」とキャッチコピーで謳っている以上、これまでの逸話による熙子像から大きく変化することはないと思います。

「麒麟が来る」では木村文乃さんの演技は今までの熙子像をある程度保ちつつ「こんな解釈もできるのか!!」という驚きを私たちに与えてくれるでしょう!

 

熙子は今後、どのように活躍するのか、明智光秀との馴れ初めはどのように描かれるのでしょうか、そしてそんな熙子を木村文乃さんはどのように表現するのでしょうか?

 

とても楽しみですね!
次の回が待ちきれません!

是非あなたも「麒麟が来る」で確認しましょう!

タイトルとURLをコピーしました