麒麟 がくる明智光安役、西村まさ彦の紹介!

ドラマ

ドラマ【麒麟がくる】には、明智光安という人物が登場しているのはご存じですか?

 

明智光安は主人公である明智光秀の叔父にあたる人物で、【麒麟がくる】では俳優の西村まさ彦さんが演じています。

この記事では明智光安と、【麒麟がくる】で明智光安役を演じる西村まさ彦さんについて合わせて紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

麒麟 がくる明智光安(あけち・みつやす)とは?

 

 

まずは、明智光安について紹介していきます。

 

明智光安は明智光秀の叔父(明智光秀の父親の弟)にあたるといわれた人物です。

智光安は1500年に美濃・長山城主の明智光継の子として誕生します。

幼少期の資料はなく、謎に包まれていますが明智光安は、のちに明智光秀の父親代わりになった人物です。

 

兄の光綱の代わりとなって明智光秀の父親となったのには理由があります。

 

1535年、斎藤道三が美濃の明智城を攻め、兄の明智光綱は亡くなってしまうんです。

父が亡くなってしまったので当然、息子である明智光秀が家督を継ぐことになるのですが当時、光秀はまだ幼く11歳でした。

 

「11歳で一族を率いるのは難しい」との事で、明智光安は光秀の後見人となります。

 

その後、光秀が成人したあとに、明智光安は甥である光秀に家督を譲ろうとしますが、光秀は辞退したそうです。

 

あくまでも諸説ではありますが、光秀は家督を継ぐことに関して辞退したのではなく、当時の明智家の権力を握っていたのが明智光安であったため、無理やり辞退させられたという説もあります。

 

しかし1556年長井道利らに攻め入られた事によって、明智光安は弟の光久らと一緒に自害してしまいました。

明智光安は亡くなる直前に、甥である光秀に自分の息子を託したといわれています。

スポンサーリンク

麒麟 がくる西村まさ彦の紹介

次は、【麒麟がくる】で明智光安役を演じる、西村まさ彦さんについて紹介していきます。

 

まずは、西村まさ彦さんのプロフィールから!

・本名 西村雅彦

・1960年12月生まれで現在56歳

・富山県出身

・身長178㎝のA型

 

西村まさ彦さんは元々は本名である「西村雅彦」という芸名でしたが、数年前に現在の芸名である「西村まさ彦」に改名したようです。

 

芸能人が改名するのには、事務所が変わったときや、心機一転で気持ち的なものに意味があったり、スピリチュアル的な事がきっかけで改名することが多いですよね?

 

しかし、本人は特に意味はないとのこと。

 

特に意味はないって・・・!

改名ってそんな軽い気持ちでして良いの!?と思いますよね。

 

事実関係は分かりませんが、芸能関係者によると西村まさ彦さんはスピリチュアル的なものに対して信じていることが多かったようです。

個人事務所の住所を決める時に霊媒師の方に相談して決めたり、過去のスキャンダルで追い詰められていた時も霊媒師の方に相談していた事が多かったようです。

 

誰でも、人に話したくないことはありますし、もしかしたら「西村まさ彦」という名前にしたのには理由があるのかもしれませんね。

 

また、バラエティー番組などではなかなか見かけなくなった西村まさ彦さんですが、大学で客員教授を務めていたり映画やラジオなどの幅広いジャンルで活躍しているようです。

 

スポンサーリンク

麒麟 がくる西村まさ彦の出演作は?

 

西村まさ彦さんの出演作品で有名なのは、なんといっても『古畑任三郎』ですよね!

 

『古畑任三郎シリーズ』では、田村正和さん演じる主人公の部下である今泉君役で出演していました。

 

また、『古畑任三郎シリーズ』は1994年から2006年までスペシャル番組を含め全部で6作品のロングセラー作品となっています。

 

10年以上も続く作品って凄いですよね。

 

『古畑任三郎シリーズ』では、いつも古畑さんに顎で使われている感じのいじられキャラが個人的にはお気に入りでした。

 

他にも、大河ドラマでは今作の【麒麟がくる】以外にも過去に『秀吉』や『真田丸』にも出演していたようです。

 

また、最近の作品ではドラマ『俺の話は長い』にも出演していました。

 

『俺の話は長い』では、主人公の母が営む喫茶店の常連さんの役で出演していましたね。

 

相変わらず濃いめのキャラクターではありましたが、良い意味で歳を取ったような気がします。

そして、主人公の母親に片思いをして猛アタックしたり、ライバルとバチバチな雰囲気が面白かったです。

 

他にも1993年に上映された映画『ラヂオの時間』では、生放送の責任者であるプロデューサー役と務めていました。

 

映画『ラヂオの時間』では、西村まさ彦さんの演技力が評価され、

・日本アカデミー賞 第21回最優秀助演男優賞

・ブルーリボン賞 第40回助演男優賞

・キネマ旬報ベストテン 助演男優賞

などと、3つの賞を受賞していました。

 

スポンサーリンク

麒麟 がくる明智光安役、西村まさ彦まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

ドラマ【麒麟がくる】で登場する明智光安について、また、明智光安役を演じる俳優の西村まさ彦さんについて紹介させていただきました。

 

資料の少ない明智光安役を演じるのはかなりハードルの高い事ですよね。

 

しかし、明智光安役を演じるにあたって実在した光安を具現化して演じるより、1人の人間として演じようと思っているようでした。

さすが役者魂!といったところですよね。

 

また、明智家の当主として斎藤道三に仕える事に対して「中間管理職」のような立場と例えており、今の社会でも通じるものがあるとコメントしていました。

 

西村まさ彦さんは視聴者に対して以下のようなコメントを残しています。

「戦国の武将でありながら平和主義者である光安が下克上の世の中でどう生き抜いていくのか?

そこを楽しみにして欲しい。」

と公表していました。

 

西村まさ彦さんなりの明智光安のイメージがどのように表現されるのかが楽しみですね。

 

 

タイトルとURLをコピーしました