麒麟 がくる明智光秀役、長谷川博己の紹介!

ドラマ

2020年1月から59作目となるNHKの大河ドラマ【麒麟がくる】が始まりますね。

 

気になるのは、やはり主人公の明智光秀ですよね。

 

また、ドラマの中で明智光秀役を務める俳優の長谷川博己にも注目したいところです。

 

この記事では明智光秀役の長谷川博己にスポットを当てて紹介していきます。

スポンサーリンク

麒麟 がくる明智光秀(あけち・みつひで) とは?

 

引用:https://toyokeizai.net/articles/-/167293

 

「そもそも明智光秀って何をした人?」

「明智光秀って誰?」

と思う方のために、まずは明智光秀について紹介していきます。

 

明智光秀は、1528年に美濃(現在の岐阜県)に生まれます。

 

明智光秀は

・築城の名人

・鉄砲の名手

・茶道や連歌の才能に優れた文化人

など、あらゆる才能を持っている方でした。

 

明智光秀の持つ優れた才能に気付いた美濃の国主、斎藤道三は明智光秀を家臣として受け入れます。

 

斎藤道三の娘は、後に織田信長の妻となる濃姫です。

 

一部の情報では当時、濃姫は明智光秀の許嫁だったという話や、実はいとこだったという説もあります。

 

長い間、斎藤道三に仕えてきた明智光秀ですが、斎藤道三が襲撃によって亡くなり、その後明智光秀は織田信長に仕える事になります。

 

織田信長に仕えてからは、たくさんの功績を残し常に信長の為に生きてきました。

 

しかし、織田信長は常に先に進み何もかも自分で決めるような方だったようです。

 

おそらく、自由奔放ともいえる信長の考えに明智光秀はついていけなかったのではないか?と私は思います。

そして、明智光秀は織田信長の殺害を企て本能寺の変が起きたといわれています。

 

本能寺の変の後に、明智光秀は天下人となります。

 

しかし、もともと天下人であった織田信長を殺したのですから、明智光秀の敵も多かったのでしょう。

 

明智光秀は、本能寺の変の後に豊臣秀吉によって襲撃され、討死しています。

 

明智光秀はが天下人でいられた期間は、わずか11日であったそうです。

 

 

スポンサーリンク

麒麟 がくる長谷川博己の紹介

 

ドラマ【麒麟がくる】の明智光秀役は、俳優の長谷川博己さんが務めています。

 

長谷川博己さんのプロフィールはこちら

・1977年3月7日生まれ(現在42歳)

・東京都出身

・ファンの間ではハセヒロと呼ばれている

・身長182㎝で、血液型はA型

長谷川博己さんは、子供の頃から映画が大好きだったようです。

 

たくさんの映画を見て、「自分もこの人達のようになりたい」という思いから俳優を目指したといわれています。

 

役者デビューは2002年といわれています。

 

しかし、当時はドラマや映画ではなく、舞台俳優として活動していました。

 

また、舞台俳優時代は文学座研究所に所属していたようです。

 

文学座研究所に所属していた頃は、文学座支持会新人賞を受賞したこともありました。

 

さらには、準座員から座員に昇格するなど優秀な成績もおさめていたようです。

 

しかし、長谷川博己さん自身はもっと俳優として成長したいという思いが強く、2007年に芸能事務所に所属しました。

 

その後、2010年に今現在所属しているヒラタオフィスに移籍したようです。

 

ヒラタオフィスに所属してからは徐々に知名度を上げていき、ドラマ【鈴木先生】では民放テレビドラマでは初の主演を務めました。

 

そして、2020年NHKの大河ドラマ【麒麟がくる】では主人公の明智光秀役として抜擢されました。

 

 

View this post on Instagram

長浜城 #長浜城 #麒麟がくる

A post shared by 佐山 淳 (@juns7) on

スポンサーリンク

麒麟 がくる長谷川博己の出演作は?

 

次は長谷川博己さんの出演作品について紹介していきます。

 

長谷川博己さんが出演していたドラマの中でも話題なのがこちら

・鈴木先生(初主演)

・八重の桜(初の大河ドラマ)

・セカンドバージン

・MOZU

・家政婦のミタ

・小さな巨人

・まんぷく

 

【セカンドバージン】は長谷川博己さんの出世作品といわれています。

不倫を題材としたドロドロな作品で、のちに映画化もされて話題となりました。

 

また、【鈴木先生】では初の連続ドラマ主演を果たしました。

 

他にも【八重の桜】では、大河ドラマ初主演となり、【MOZU】では狂気に満ちた悪役を演じています。

 

そして、最も話題となったのは【家政婦のミタ】です。

 

家政婦のミタでは、弱気で現実から逃げてばかりのダメな夫・父親を演じており、視聴率は40%を獲得しました。

 

また、家政婦のミタではエランドール賞の新人賞を受賞し数々の賞を総なめにしたといわれています。

 

次に、長谷川博己さんが出演した映画で話題となった作品がこちら

・シン ゴジラ

・映画 鈴木先生

・セーラー服と機関銃 卒業

・海月姫

 

ドラマで話題となった【鈴木先生】をはじめ、1度は耳にしたことのあるタイトルが多いです!

 

【海月姫】では、恋愛経験のない男性を演じ面白い演技をしたかと思いきや、【シン・ゴジラ】では主人公の内閣官房副長官としてシリアスな演技をしています。

 

スポンサーリンク

麒麟 がくる明智光秀役、長谷川博己まとめ

 

明智光秀といえば、本能寺の変の印象が強く、ゲームや映画でも見ることは多いですよね。

 

歴史好きな私としては、明智光秀といえば頭脳派で織田信長に忠実であり、常に最善を尽くしてきた武将というイメージです。

 

まさに「信長様のために」といったところでしょうか。

 

新しく始まる大河ドラマ【麒麟がくる】で長谷川博己さんは

「王道の時代劇でありながら、今の人たちにも楽しんでいただける同時代性も出せればと思います。

なぜ、令和の時代に明智光秀を描くのか?という答えを感じてもらえる作品になっていったら嬉しく思います。」

とコメントしていました。

 

明智光秀の生涯や乱世の世をどのように表現していくのか?

世間では知られていない明智光秀を表現されるのだろうか?

 

そして、明智光秀役を長谷川博己さんはどのように演じきるのだろうか?

 

どのようなストーリーになるのかとても楽しみですね。

 

 

タイトルとURLをコピーしました