鬼滅の刃【168話】のネタバレと感想!黒死牟を酩酊させるも…

鬼滅の刃

鬼滅の刃168話のネタバレと感想をまとめました。

鬼滅の刃168話では、自身の稀血によって黒死牟を酩酊させた不死川実弥の鬼殺隊での回想から始まります。

 

明らかになる実弥の思い。そして黒死牟は倒せるのでしょうか。
今回は『鬼滅の刃』168話の内容を、実弥の回想を中心にお届けします。

 

ネタバレの文章でなく、漫画で鬼滅の刃を見たい!
とお考えでしたら、U-NEXTで鬼滅の刃全巻お得に読もう。

☟ ☟ ☟

さっそく、U-NEXTの31日間無料キャンペーンを体験しよう!

ご登録日を含む31日間以内に解約される場合、月額利用料(1990円税抜)は発生しません。

スポンサーリンク

鬼滅の刃【168話】のネタバレ!黒死牟を酩酊させるも…

不死川実弥は自身の稀血によって、黒死牟を酩酊させることができました。

実弥がこの稀血に気が付いたのは鬼を狩り始めてすぐで、鬼にされた母は実弥の出血により動きが鈍くなりその隙に殺めたのでした。

 

そこから独学で鬼を殺めていき、鬼殺隊の粂野匡近が育てとなりました。

下弦の壱は匡近と二人で倒しましたが、匡近は戦いで亡くなり、実弥のみの手柄となって柱になります。

 

柱になった実弥は初めての柱合会議に参加しますが、そこで匡近の遺書を渡されます。

そこには、匡近は実弥を弟と重ねており、例え自分が生きていられなかったとしても、大切な人には生きていてほしい、と書かれていました。

 

実弥はその遺書を読んで生き抜くことを決意したのでした。

(黒死牟との戦いに戻る)

深い傷を負い重傷の実弥でしたが、呼吸で血を凝固させて止血し、筋肉により臓物が飛び出るのを止めていました。

 

黒死牟は稀血により酩酊していましたが、どこか余裕で実弥の攻撃も華麗にかわし、刀を踏みつけます。

実弥は反対の手で銃を撃ちますが、刀で押さえられかすり傷一つ付けられません。

そこへ、時透無一郎を追っていた悲鳴嶼が到着します。

次回、柱最強の悲鳴嶼の参戦で、戦況は好転するでしょうか?

鬼滅の刃【168話】の感想

この話では実弥と黒死牟の戦いと並行して、実弥の今に至るまでの回想も盛り込まれています。

 

前回予想していたとおり、鬼になった母を実弥の稀血を使って殺めたのですね~。

自分の母を、受け継いだ血で殺める。

 

その後、鬼を殺し続けて自らの身体を傷だらけにするくらい自暴自棄になってしまったのも無理はないですね。

 

一方の黒死牟ですが、

「微酔う感覚も何時振りか…愉快…」

実弥の稀血で黒死牟にダメージを与えられたか?!と思いきや、当の本人は酩酊状態すらも楽しんでいる感じですね。

 

この程度のゆさぶりでは、黒死牟には余裕のようで歯がゆいです。

どう攻撃してもかわされるので絶望感が漂う中、現れた救世主!

鬼殺隊最強の悲鳴嶼さん登場です!待ってました!

 

十年近く柱として戦い続けている、その貫禄が頼もしすぎます。
ここ数話続けてずっと不安な展開が続いていたので、期待値がぐんぐん上がります。

 

今のところ柱vs黒死牟戦は、

霞柱・無一郎 → 一撃で無力化される
風柱・不死川 → 黒死牟と打ち合うもののほぼノーダメージ

という状況なので、岩柱にはさらにその上をいってもらいたいところです。

 

次回は悲鳴嶼さんの戦いっぷりが見られるのが楽しみです。

鬼滅の刃の漫画をU-NEXTですぐ無料で読む

鬼滅の刃【168話】のネタバレ感想をお伝えしましたが、実際漫画を読んで頂いたほうが面白いのではないでしょうか。

 

そこで、無料で読めるU-NEXTを紹介します。

 

現在U-NEXTでは、31日間の無料期間があり無料登録直後に600Pが貰えるのですぐに最新刊を1冊無料で読めます。

週刊少年ジャンプの最新話を無料で読むことはできませんが、最新刊は無料で読むことはできますのでお薦めです。

 

また、U-NEXTは月額1990円(税抜)のサービスですが、毎月1200ポイントも貰えるため実質1000円以下です。

もちろんアニメや映画なども充実しており、約13万本が見放題の対象作品となっています。

鬼滅の刃の漫画を読みたい方は、これを機会にチェックしてみてください。

 

鬼滅の刃の漫画を読みたいと思った方は、

これを機会にぜひお試しください。

☟ ☟ ☟

鬼滅の刃を今すぐ無料で読む

ご登録日を含む31日間以内に解約される場合、月額利用料(1990円税抜)は発生しません。

鬼滅の刃【168話】のネタバレと感想まとめ

実弥の稀血によって黒死牟を酩酊させたところから話は続きます。

実弥がこの稀血に気が付いたのは鬼を狩り始めてすぐのことで、鬼にされた母は実弥の出血で動きを鈍くし、その隙に殺めたのでした。

 

その後入隊した鬼殺隊の育て・粂野匡近が戦いで亡くなり、渡された遺書には「例え自分が生きていられなかったとしても、大切な人には生きていてほしい」と書かれていました。

 

半ば自暴自棄になっていた実弥でしたが、その遺書で生き抜くことを決意したのでした。

一方、黒死牟は稀血により酩酊しましたが、どこか余裕で実弥の攻撃も華麗にかわし、かすり傷一つ付けられません。

 

酩酊程度のゆさぶりでは、黒死牟には余裕のようで歯がゆいですね。

絶望感が漂う中、無一郎を追っていた鬼殺隊最強の悲鳴嶼さんが登場!

 

十年近く柱として戦い続けている、その貫禄が頼もしすぎます。

次回、悲鳴嶼の参戦で、戦況は変わるでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました