鬼滅の刃【165話】のネタバレと感想!時透と黒死牟の関係が明らかに…

鬼滅の刃

鬼滅の刃165話のネタバレと感想をまとめました。

鬼滅の刃165話では、時透無一郎が黒死牟に遭遇するところから始まります。

時透の名を聞いた黒死牟は衝撃の事実を話し出します。
今回は『鬼滅の刃』165話の内容を、時透と黒死牟の戦闘を中心にお届けします。

 

ネタバレの文章でなく、漫画で鬼滅の刃を見たい!
とお考えでしたら、U-NEXTで鬼滅の刃全巻お得に読もう。

☟ ☟ ☟

さっそく、U-NEXTの31日間無料キャンペーンを体験しよう!

ご登録日を含む31日間以内に解約される場合、月額利用料(1990円税抜)は発生しません。

スポンサーリンク

鬼滅の刃【165話】のネタバレ!時透と黒死牟の関係が明らかに

時透無一郎が上弦の壱(黒死牟)に遭遇するところから始まります。

黒死牟には六つの目で、時透の筋肉や骨を透視できるようでした。

無一郎は今までの上弦とは比にならない、黒死牟の重々しい威厳を前にして怖気が止まりませんでした。

 

時透の姿を見た黒死牟は名を聞きます。

「時透」という名を聞いて「継国」の名は絶えたと悟ります。

黒死牟は人間であったときの名を「継国巌勝(つぎくにみちかつ)」、つまり、無一郎は巌勝の子孫だと知らされるのでした。

 

無一郎は激しく動揺しますが、集中力と精神力で動揺を鎮めます。

無一郎は霞の呼吸 弐ノ型を使い黒死牟に斬りかかりますが、軽くかわされてしまいます。

 

無一郎は痣を発現させ、霞の呼吸 漆ノ型を繰り出します。

独特の緩急で動きが読みづらいこの技で黒死牟も剣を抜き、月の呼吸 壱ノ型を繰り出します。

 

一振りに細かい刃が付いているような剣術で、異次元の速さでした。

その剣をまともに受けてしまった無一郎の左腕は切り落とされてしまいます。

 

無一郎は即座に止血しながらも攻撃に出ますが、素早い反撃で柱ごと右胸を刺されてしまいます。

黒死牟は無一郎を鬼にしようとしている・・・?

鬼滅の刃【165話】の感想

予想通り、今回は無一郎くんと黒死牟の戦闘になりましたね~。

衝撃の展開が続いてテンポも早く進みました。

 

まずは、無一郎くんと黒死牟の関係。

無一郎くんは黒死牟が継国家に残して来た子供の末裔、つまり黒死牟の子孫だと発覚しました。

ということは、黒死牟は始まりの呼吸の剣士ということですね・・・!

 

最凶といわれる黒死牟が今自分の目の前にいるだけでも圧倒されそうでしょうに、さらに血縁関係があったとわかった無一郎くんの心は相当混乱していたことでしょう。

動揺を鎮められたのはさすがです。

 

黒死牟が攻撃のたび、口癖のように「流石は我が末裔」という言葉に対して、「何百年も経ってたらお前の血も細胞も俺の中にはひとかけらも残ってないよ」と返す無一郎くん。

関係を否定したい気持ちがにじみ出ていますね。

 

しかし、力の差が圧倒的すぎる・・・腕が・・・無一郎くんの腕が・・・泣。

反撃をしても、素手で刀取られて柱に貼り付けにされてしまうなんて。

今回のサブタイトルは「愕然と戦慄く」ですが、読者の我々の心情を表しているようです。

 

無一郎くん鬼にされてしまうのでしょうか。

悲鳴嶼さんが助けにくることを願ってしまいます。

鬼滅の刃の漫画をU-NEXTですぐ無料で読む

鬼滅の刃【165話】のネタバレ感想をお伝えしましたが、実際漫画を読んで頂いたほうが面白いのではないでしょうか。

 

そこで、無料で読めるU-NEXTを紹介します。

 

現在U-NEXTでは、31日間の無料期間があり無料登録直後に600Pが貰えるのですぐに最新刊を1冊無料で読めます。

週刊少年ジャンプの最新話を無料で読むことはできませんが、最新刊は無料で読むことはできますのでお薦めです。

また、U-NEXTは月額1990円(税抜)のサービスですが、毎月1200ポイントも貰えるため実質1000円以下です。

 

もちろんアニメや映画なども充実しており、約13万本が見放題の対象作品となっています。

鬼滅の刃の漫画を読みたい方は、これを機会にチェックしてみてください。

 

鬼滅の刃の漫画を読みたいと思った方は、

これを機会にぜひお試しください。

☟ ☟ ☟

鬼滅の刃を今すぐ無料で読む

ご登録日を含む31日間以内に解約される場合、月額利用料(1990円税抜)は発生しません。

鬼滅の刃【165話】のネタバレと感想まとめ

黒死牟が人間だった時の名前は継国 巌勝、時透は黒死牟の子孫だったと判明します。

動揺を瞬時におさえ、無一郎は霞の呼吸 弐ノ型で黒死牟に斬りかかりますが、軽くかわされてしまいます。

 

無一郎は痣を発現させ、霞の呼吸 漆ノ型を繰り出しますが、黒死牟も剣を抜き、月の呼吸 壱ノ型を繰り出します。

この一撃で時透の左手は斬り落とされてしまいます。

 

今回のサブタイトルは「愕然と戦慄く」ですが、黒死牟の力に圧倒されている読者の我々の心情を表しているようです。

 

時透の剣士としての優秀さを見て、鬼にすると決める黒死牟。

無一郎くん鬼にされてしまうのでしょうか。

次回がこわいです。

タイトルとURLをコピーしました