鬼滅の刃【164話】のネタバレと感想!最凶の鬼・上弦の壱が目前に…

鬼滅の刃

鬼滅の刃164話のネタバレと感想をまとめました。

鬼滅の刃164話では、童磨との戦いが終わるなか、体力を使い果たして眠っていた炭次郎が目を覚まします。

上弦の弐討伐を知り、カナヲと伊之助の無事に安堵する炭次郎でしたが・・・
今回は『鬼滅の刃』164話の内容を、新たな戦いの始まりを中心にお届けします。

 

ネタバレの文章でなく、漫画で鬼滅の刃を見たい!
とお考えでしたら、U-NEXTで鬼滅の刃全巻お得に読もう。

☟ ☟ ☟

さっそく、U-NEXTの31日間無料キャンペーンを体験しよう!

ご登録日を含む31日間以内に解約される場合、月額利用料(1990円税抜)は発生しません。

スポンサーリンク

鬼滅の刃【164話】のネタバレ!最凶の鬼・上弦の壱が目前に

童磨との戦いが終わるなか、体力を使い果たして眠っていた炭次郎でしたが、義勇が止血で傷を焼くにおいで目を覚まします。

炭次郎は打撲や傷はあったものの、骨にも問題はなく比較的軽傷でした。

 

最終目標は無惨の討伐ですが、上弦の壱や弐と遭遇すれば確実に戦いになるため備えが必要でした。

すると、炭次郎のカラスがしのぶ・カナヲ・伊之助が上弦の弐を倒したことを知らせにきました。

 

同期のカナヲと伊之助の無事に安堵する炭次郎。

みんなそれぞれが勝ち、無惨に着々と近づいていることに緊張と興奮が高まります。

 

一方、甘露寺と伊黒は、時透たちが倒したはずの上弦の肆(鳴目)に遭遇します。

どうやらもう上弦の肆が補充されているようです。

自分よりも年下のしのぶが健闘したので張り切る甘露寺は、鳴目に思い切り飛び掛かりますが、ガードされ弾き飛ばされてしまいます。

 

鳴目は、琵琶を鳴らして建物の形を手足のように変化させることができます。

鳴目の血鬼術は殺傷能力こそ高くないものの、非常に厄介でした。

一方、時透と悲鳴嶼は、無惨に向かって移動していました。

 

すると時透の目の前に最凶の鬼である上弦の壱が現れたのです。

上弦の壱と時透との戦いが始まるのでしょうか・・・?

鬼滅の刃【164話】の感想

童磨との戦いが終わって、一息つくかと思いきや、ふたたび盛り上がってきましたね。

すごいスピードで話が展開して、各キャラクターの生い立ちや背景も混ぜつつ、とても密度が濃いストーリーが続いています。

 

黒死牟戦、このまま始まりそうな感じですね。

悲鳴嶼さんは時透くんの「俺に構わず進んで下さい」という言葉の通り、無惨討伐に向かうのでしょうか。

 

鬼殺隊としては、ここは悲鳴嶼さんが無惨の元へ向かうべきなのかもしれませんが、悲鳴嶼さん一人で無惨を倒せる保証はないという・・・。

しかし、無惨到達が遅れると人間化薬を分解されて無惨がフリーになり珠世さんが死んでしまう・・・。

 

どうするのでしょうか?!

黒死牟はまだ生い立ちなどの背景が語られていないのですが、黒死牟が人として生きていた時代に「最強」になったのでしょうか。

 

黒死牟が無一郎くんに「懐かしい・・・気配だ・・・」と話しかけているので、そのあたりの過去話を次回聞けそうな気がしますね。

黒死牟の刀の柄がとても痛そうです・・・!

 

甘露寺さんと伊黒さんは、鳴目に足止めくらいそうですね~。

伊黒さんが「長丁場になりそうだ」と言っているので、上弦の壱戦には合流しなさそうです。

次回の展開が今から気になります。

鬼滅の刃の漫画をU-NEXTですぐ無料で読む

鬼滅の刃【164話】のネタバレ感想をお伝えしましたが、実際漫画を読んで頂いたほうが面白いのではないでしょうか。

 

そこで、無料で読めるU-NEXTを紹介します。

 

現在U-NEXTでは、31日間の無料期間があり無料登録直後に600Pが貰えるのですぐに最新刊を1冊無料で読めます。

週刊少年ジャンプの最新話を無料で読むことはできませんが、最新刊は無料で読むことはできますのでお薦めです。

また、U-NEXTは月額1990円(税抜)のサービスですが、毎月1200ポイントも貰えるため実質1000円以下です。

もちろんアニメや映画なども充実しており、約13万本が見放題の対象作品となっています。

鬼滅の刃の漫画を読みたい方は、これを機会にチェックしてみてください。

 

鬼滅の刃の漫画を読みたいと思った方は、

これを機会にぜひお試しください。

☟ ☟ ☟

鬼滅の刃を今すぐ無料で読む

ご登録日を含む31日間以内に解約される場合、月額利用料(1990円税抜)は発生しません。

鬼滅の刃【164話】のネタバレと感想まとめ

体力を使い果たして眠っていた炭次郎が目を覚まします。

炭次郎のカラスから上弦の弐討伐を伝えられ、カナヲと伊之助の無事に安堵する炭次郎でした。

 

一方、甘露寺と伊黒は、時透たちが倒したはずの上弦の肆(鳴目)に遭遇します。

鳴目は、琵琶を鳴らして建物を手足のように変化させるため、甘露寺と伊黒は苦戦します。

伊黒が「長丁場になりそうだ」と言っているので、鳴目に足止めをくらいそうですね。

また一方、時透と悲鳴嶼は、無惨に向かって移動中、時透の目の前に最凶の鬼である上弦の壱(黒死牟)が現れます

 

黒死牟が時透に「懐かしい・・・気配だ・・・」と話しかけているので、そのあたりの過去話を次回聞けそうな気がしますね。

上弦の壱と時透との戦いが始まるのでしょうか。

次回の新たな展開が待ちきれませんね!

タイトルとURLをコピーしました