鬼滅の刃【162話】のネタバレと感想!藤の花の毒に童磨は…

鬼滅の刃

鬼滅の刃162話のネタバレと感想をまとめました。

鬼滅の刃162話では、しのぶから自らの命を犠牲にする作戦を聞くカナヲの回想から始まります。

しのぶは1年以上前から「藤の花の毒」を摂取し続けており、体中のほとんどが藤の花の毒で満たされていました。

 

しのぶを喰うことで致命的な毒を受けた童磨は、このまま倒れるのでしょうか。
今回は『鬼滅の刃』162話の内容を、カナヲの思いと戦いを中心にお届けします。

 

ネタバレの文章でなく、漫画で鬼滅の刃を見たい!
とお考えでしたら、U-NEXTで鬼滅の刃全巻お得に読もう。

☟ ☟ ☟

さっそく、U-NEXTの31日間無料キャンペーンを体験しよう!

ご登録日を含む31日間以内に解約される場合、月額利用料(1990円税抜)は発生しません。

スポンサーリンク

鬼滅の刃【162話】のネタバレ!しのぶの作戦とカナヲの思い

冒頭、鬼舞辻無惨の本拠地潜入の少し前に遡ります。

(回想)

カナヲは、しのぶから聞かされた作戦に動揺していました。

 

上弦の弐である童磨は、女を食うことに異常な執着を示す、優秀な肉体を持つ柱で女であるしのぶを確実に喰うだろうと。

藤の花は鬼にとって毒であり、体内に入れることで頸を斬らなくても鬼を殺すことができます。

 

しのぶは実は1年以上前から「藤の花の毒」を摂取し続けており、体中のほとんどが藤の花の毒で満たされていました。

自らを童磨に喰わせることで、童磨を内部から崩壊させようとしているのでした。

(回想おわり)

 

通常の鬼の致死量の70倍の量の毒を受けた童磨

しのぶの毒が全身に回った童磨は、溶けていく身体の再生に集中します。

童磨が自身の回復に集中したことで、結晶ノ巫女は崩壊します。

 

カナヲはしのぶから、「自分の毒だけでは上弦の鬼は倒せない」と聞いていました。

伊之助にこのチャンスを逃さないよう、呼びかけて一斉に攻撃を仕掛けます。

童磨は最後の力を振り絞り、これまで出さなかった大技でカナヲたちを吹き飛ばします。

 

しかし身体が弱っているため、凍てつく空気にも粗が見られます。

カナヲには、動体視力を大幅に上げる奥義がありました。

眼に大きな負担をかけるため使ったら失明する可能性もある技です。

使うなら、童磨が弱っているこの瞬間しかない。

 

童磨の攻撃をすべて見切り、カナヲは童磨の懐へと踏み込みます。

カナヲは童磨の頸に刃を当てることに成功しますが、凍てつく空気を腕に受け刀を振り抜くことができなくなってしまいました。

 

そこへ伊之助が渾身の力で自分の二刀流を投げ、カナヲの刀を押し込んでいきます。

とうとう、日輪刀の刃は、童磨の頸を断ち切ったのでした・・・!

鬼滅の刃【162話】の感想

サブタイトルの「三人の白星」は、胡蝶三姉妹のことをあらわしているのですかね。

カナエが暴いて、しのぶが弱らせ、カナヲがとどめを刺す。

姉妹の絆の連携プレーですね。

 

しのぶさんは初めから、自分の命と引き換えに童磨を討つつもりだったんですね~。

自分の命を作戦の中に組み込むなんて・・・

そして、その作戦を受け止めるカナヲの気持ちを考えると、泣けてしまいます。

 

しのぶさんの想いをついで、眼の失明を覚悟に動体視力を上げるカナヲ。

「花の呼吸 終ノ型 彼岸朱眼」

この技で童磨の頚を捉えたと思いきや、腕が固まって振り抜けない・・・

 

からの、伊之助の思いつきの投げ裂きィ!!

カナヲちゃんの刃が童磨の頚を斬り落としたときには「ヤッターー!!」と叫んでしまいました。

このまま童磨、倒れてほしい・・・けれど、このまま終わりそうにもなくドキドキします。

鬼滅の刃の漫画をU-NEXTですぐ無料で読む

鬼滅の刃【162話】のネタバレ感想をお伝えしましたが、実際漫画を読んで頂いたほうが面白いのではないでしょうか。

 

そこで、無料で読めるU-NEXTを紹介します。

 

現在U-NEXTでは、31日間の無料期間があり無料登録直後に600Pが貰えるのですぐに最新刊を1冊無料で読めます。

週刊少年ジャンプの最新話を無料で読むことはできませんが、最新刊は無料で読むことはできますのでお薦めです。

 

また、U-NEXTは月額1990円(税抜)のサービスですが、毎月1200ポイントも貰えるため実質1000円以下です。

もちろんアニメや映画なども充実しており、約13万本が見放題の対象作品となっています。

鬼滅の刃の漫画を読みたい方は、これを機会にチェックしてみてください。

 

鬼滅の刃の漫画を読みたいと思った方は、

これを機会にぜひお試しください。

☟ ☟ ☟

鬼滅の刃を今すぐ無料で読む

ご登録日を含む31日間以内に解約される場合、月額利用料(1990円税抜)は発生しません。

鬼滅の刃【162話】のネタバレと感想まとめ

しのぶの体には藤の毒が染み込んでおり、童磨は通常の鬼の致死量の70倍の量の毒を摂取していました。

自らの身体の回復に集中したことで、結晶ノ巫女は崩壊します。

 

自らを喰わせることで、致命的なダメージを与えようとしたしのぶ。

自分の命を作戦の中に組み込むという決死の覚悟。

そして、その作戦を受け止めるカナヲの気持ちを考えると、泣けてしまいます。

その思いを受けとめ、とどめを刺そうと必死に戦うカナヲ。

 

童磨の頚を斬るために、失明の危険性がある「花の呼吸 終ノ型 彼岸朱眼」を使います。

カナヲの刀に伊之助が投げた刀を当てて押し込む連携技で、童磨の頸を断ち切ったのでした。

これで戦いも終わるか!と思わせる終わり方でしたが、次回はどうなるでしょうか。

楽しみです・・・!

タイトルとURLをコピーしました